田舎暮らしが人気な理由は?「○○に疲れたから…」移住経験者が語る。

田舎暮らし

僕は30歳の時、横浜から静岡県の伊豆に移住をしました。

伊豆の中でも、かなり田舎の方。

山の中の別荘地に移り住みました。

転勤など、何か事情があったという訳ではないのです。

シンプルに、『地方移住』というやつです。

最近は僕だけではなく、地方に移住して田舎暮らしを始める若い人が増えているそうですね・・・。

もしかしたら、世はプチ田舎暮らしブームなのかもしれません!

でも、どうしてなのでしょうか?

田舎暮らしが今人気になっている本当の理由が分かりますか?

僕もよく「どうして田舎暮らしを?」と、聞かれることが多いんです!

なので、今回は田舎暮らしが人気になっている理由を本気で考えてみようと思います♪


筆者紹介◆

一年前に脱サラしました!

今はのんびり田舎暮らししながら、1日4時間くらいの在宅ワークのみで生活しています

詳しくは本を読んでみてください↓

ランキング1位をとりました!

田舎移住が若い人にニーズがある理由は?

最近、田舎暮らしが人気な理由は一体何なのでしょうか?

  • 物価が安いから
  • 食べ物が美味しいから
  • 自然豊かな環境に住みたいから
  • 人混みが嫌いだから
  • 田舎で子育てをしたいから

など、調べてみるとさまざまな意見があるようですねぇ…。

うん。分かります。

でも、これって表面的な理由だと思うんです。少なくとも僕はそう感じます。

田舎暮らしが人気になった理由。

それは・・・行き過ぎた資本主義社会への疲れ!これこそが根本的な理由だと、僕は思うんです。

行き過ぎた資本主義社会への疲れ

もっと簡単に言えば、競争社会と言ってもいいかもしれません。

そして、お金が支配する社会です。

もちろん、競争することもお金も悪いものではありません。

でも行き過ぎてしまうと、疲れてしまう人も多いのではないでしょうか?

僕は、それこそが『田舎暮らしブーム』の本当の理由ではないかと考えています。

競争社会は、本当に疲れる。

競争社会は、本当に疲れる。

スポーツやゲームで競い合うのは、僕も好きです。

それは参加者全員が同じルールの元、同じ目標に向けて頑張っているから、最終結果の優劣に納得がいくからです。

でも、人生は違います。

「何を幸せと感じるのか」というゴールは、みんな違うはずです。

それなのに、お金を基準とした勝ち負けの勝負にいつの間にか参加させられてしまいます。

もちろん、そういう競争が好きな人も一定数いるかもしれません。

でも、どこがゴールなのか分からないまま走り続けて疲弊しているマラソンランナーも、実はかなり多いのではないでしょうか?

満員電車 幸せとは何だろう?

そんな顔して満員電車に乗っている人を、都会に住んでいた頃よく見かけました。

そして僕自身もまた、当時そんな顔をしていたと思います。

でも、ある時に気付いたのです。

この競技に参加していても、僕は幸せにはなれないな・・・と。

他の参加者から「脱落者」の烙印を押されたって構いません。

僕はもう、行き過ぎた資本主義社会に疲れてしまいました(;´∀`)

きっと、同じように感じる人が増えてきたのでしょう。

田舎移住をしてみたい人ための『イナカデミー』という、僕が作ったこのサイトも閲覧数がどんどん伸びています。

それに、妻が開設しているYouTubeチャンネル(30歳からの田舎暮らし~伊豆に移住しました~)も登録者がどんどん増えていきます。

もちろん、「田舎暮らし」だけが競争社会からの脱却という訳ではないかもしれません。

ミニマリストとかも増えていますしね・・・。

のんびり田舎暮らししたい。

でも、高層マンションの階数でマウントとってくるような都会の価値観が嫌になって、田舎でのんびり畑をやりたいという人たちも確実に増えているのではないでしょうか?

それが、この『イナカデミー』のPV数や僕の妻のYouTubeチャンネルの登録者にも反映されているんだと思います。

コスパという馬鹿らしい考え方からの脱却。

コスパという馬鹿らしい考え方からの脱却。

この「超」資本主義の恐ろしさは、もう一つあります。

それは、何でもかんでも、お金を基準に考えるクセがついてしまうということです。

資本主義の価値観にどっぷり漬かりすぎると、あらゆるモノをお金に「価値」に変換してしまうようになってしまうのです。

  • 「この商品の価値は?」
  • 「このサービスは金額に対して見合っているだろうか?」

こんな風に、常にコスパを考えて生きるようになってしまいます。

最近は「タイパ」という言葉も使われるようになってタイム(時間)までも、その天秤に乗せられてしまっているようです。

人生の時間を使って得られる人生以上に大切なものとは、一体なんなのでしょうか?

こういった思考回路から脱却したいという想いもあって、今はのんびり田舎暮らししている訳です。

自分で育てる野菜は美味しい。

僕は今日も畑を耕して、野菜を育てています。

「そんなの時間も手間もかけて、コスパが悪いことするなよ。買った方がどう考えても安いだろ!」と都会の人には笑われるかもしれません。

でも、僕にとっては関係ありません。

僕が育てた野菜をお金の価値に変換する必要はないのですから。

僕は田舎暮らしを始めて、本当に幸せになれた!

僕が田舎暮らしを始めた理由は、分かっていただけたと思います。

表面上の理由は違えど、田舎暮らしが好きな人は僕と似たような思想が根底にあるんじゃないでしょうか??

まぁ、他人の思想まで分かりませんケド・・・。

少なくとも、僕はそんな想いがあって田舎で生活している訳です。

そして、都会に住んでいる頃に比べて、本当に心が楽になりました。

全くお金を使わずに自給自足というわけではありませんが、もうお金に縛られることはありません。

労働時間も、1日4時間くらいです。

在宅ワークなので、対人ストレスもありません。

贅沢な生活ではないのですが、資本主義と程よい距離感があって、僕は今の暮らしが気に入っています。

もし同じような考えを持っていて、今「超」資本主義の社会に疲れていたら、こんな生き方もあるんだなと参考程度に知ってもらえればうれしいです。

著:ヤリョ
¥390 (2024/06/17 00:37時点 | Amazon調べ)

コチラ↑は、現代の資本主義社会への僕の気持ちを書いた本です。

著:ヤリョ
¥390 (2024/06/15 18:45時点 | Amazon調べ)

コチラ↑は、僕が今の生活を手に入れるまでの過程を書いた本です。

「自分にも何かできる在宅ワークはあるかな?」と気になるなら、コチラ↑の記事が参考になると思いますよ(´▽`)

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました