素人の僕が『田舎暮らし×在宅ワーク』という最高の働き方を見つけるまでの話。【イナカデノマド】

※これは、僕が実際に在宅ワーカーになるまでの実話です。

通勤の途中、僕の足は突然動かなくなった。

電車を乗り換えるために降りた、東京にある飯田橋駅でのことだった。

あの奇妙な感覚は今でも覚えている・・・

金縛りにあった時に起こる、脳と身体が連動していないような不思議な感覚。

頭では会社に行かなければ」と思っているのに、身体は動こうとしてくれない。

子供の頃から、注意欠陥・多動症の気質がある僕にとって、今の働き方は向いていなかったようだ。

こうして僕は会社を辞め、新しい生き方を求め田舎に移住することにした。




このへんの経緯は、僕の著書『イナカデノマド』に詳しく書いてあるので、よければご覧ください。

詳しくは本を読んでみてください↓

ランキング1位をとりました!

田舎に移住する

憧れの土地「静岡県伊豆市」に僕と妻は移住して、田舎暮らしをはじめた。

都会での反省を活かし、無理のない働き方をしようと慎重に就職先を選ぶことに。

最終的に決まったは、ゴルフ場。

自然の中でのびのび働けそうだし、何より大好きなゴルフの仕事だからトレスなく働けるような気がした。

しかし、世の中はそんなに甘くない。

ゴルフ場の仕事は、想像以上に忙しかった。

残業も多く、シーズン中は休みも少ない。

オフシーズンの休みは多いものの、真冬では「釣り」も「登山」もできない・・・

これじゃ、田舎に移住した意味がないじゃん!

そこで興味をもったのが、在宅ワークだった。

「在宅ワーカーが増えている」というニュースを見て「僕にも出来るかも?」という気がした・・・

在宅ワークの勉強を始める

さっそく、在宅ワークに関する本やYouTube動画で勉強を始めることに。

だけど、これがイマイチ頭に入らない。

そもそも、何から手を付けていいのかわからない。

何より、モチベーションがまったく上がらないのだ。

買った本には埃がかぶっていた!

ダラダラしているうちに、またゴルフ場が忙しくなる季節が来てしまう・・・

なんとかしなくては。

そこで僕は思い切って会社を辞めたいと、妻に相談してみた。

意外にも、妻は賛成してくれた!

どうやら、疲れ切った僕の姿を見るのが妻も辛かったようだ。

僕は本格的に、在宅ワーカーになろうと決意した。

会社を辞めたあとは、雇用保険があるので3ヶ月の間は収入に困ることはない。

よし!この期間を利用して稼げるスキルをしっかり身に着けよう。

スクールに通う

本&YouTubeじゃ、勉強にも限界がある。

実践ができなければ、話にならない!

そこで、僕はスクールに通うことに決めた。

「スクールに通う」といっても実際に校舎に行くわけではなく、自宅から一歩も出ずにオンライン上で勉強することができるらしい。

さっそくオンラインのスクールのことを色々と調べてみたけど、どこのスクールがいいのかサッパリ分からない・・・

とりあえず、オンラインスクールの『無料相談』というのがあったので申し込んでみた。

「本やYouTubeで勉強してみたんですけどー、実はまだ全然わかってないんですよね・・・」と正直に話すと、色々と丁寧に教えてくれた。

「ホームページを作ってみたい」という要望を伝えると、『webデザインコース』を勧めてくれた。

もちろん、やってみたい!

でも・・・

受講料は僕の給料の一か月分くらいだ・・・。

親にお金を借りることになるかも・・・。

不安ばかりが頭をよぎる。

だけど、ここで断ったらまた元の生活だ!!

僕は、思い切って受講することに決めた。

結果、この決断は大正解だった!

この後の僕の人生を大きく変えることになったからだ。

受講料は、たった数か月で回収することができたし。

今となっては、安い買い物だったなぁと感じる。

オンラインスクールの授業が始まってからは、がむしゃらに勉強した。

もしかしたら、大学受験の時よりも勉強したかも・・・。

分からないことがあれば、講師を質問攻めにした。

2か月後、なんとか無事にスクールを卒業した僕は、さっそくwebデザイナーとしての仕事をはじめた。

念願の在宅ワーカーになったが・・・

クラウドソーシングサイト(インターネット上で仕事を受注する場所)には、たくさんの案件があった。

仕事に困る事はない。

だけど当然、割のいい仕事はライバルも多いのだ。

結局のところ、単価の安い案件をこなしまくる消耗戦になってしまう。

金にはならないことはないが、時間がかかる。

結果、ストレスも溜まっていく。

もちろん、サラリーマン時代に比べたら、はるかにストレスフリーな働き方だ。

だけど、もう少しゆっくり仕事がしたい・・・。

そんな時、近所の方から「知り合いの会社のホームページを作ってほしい」と頼まれた。

その会社は従業員数名の出来たばかりの会社で、まだホームページを持っていなかった。

「そうか、『オンライン』にこだわりすぎていたな・・・」と感じた。

いくらオンラインで仕事ができる時代とはいえ、オフラインで出会う人たちに需要がないわけじゃない。

僕は、クラウドソーシングサイト以外で仕事を探すことにしてみた。

そういう目で見たら、「需要」はいたるところにあった!

起業したばかりの会社、個人経営の小さなお店、地域のイベント・・・。

ホームページを作りたい人はたくさんいる。

ここが、田舎であることも大きいのだろう。

ライバルのホームページデザイナーも少ない。

だんだんと、小さな会社やお店から仕事の依頼がもらえるようになった!

僕の作るホームページの評判を聞きつけ、「ウチのホームページも作って欲しい!」と頼まれることも増えてきた!

田舎は、まだまだオフラインの人のつながりの方が強いようだ。

インターネットの顔の見えない相手じゃなく、目の前のお客さんを喜ばせることができる嬉しさもある。

最近では、「僕の作るホームページでお客さんを増やして、田舎の小さなお店を守るんだ!」なんて使命感まで芽生えてきた!

最高の生活を手に入れた!

オンライン上でライバルたちと消耗戦を繰り広げていた時期と違って、今は自分で単価を決められる。

割のいい仕事だけを受けることで、時間に余裕が出てきた。

僕たち夫婦は別に贅沢な生活を求めていないので、収入はそれほど必要ない。

お酒が飲めれば、それだけで幸せだ。

だから、お金よりも時間を大切にしよう!

そんな想いもあって、今の労働時間は一日『4時間』くらいにセーブしている。

それで充分、生活していけるのだ。

「在宅ワーカー」と言ってるくせに、僕は最近ほとんど家にいない。

家でパソコンと向き合ってばかりだと飽きるので、ほとんど外で仕事している。

釣りをしながらだったり、キャンプをしながらだったり。

僕にとっては、今の働き方が最高にストレフリーだ!

何より、妻が今の生活を気に入ってくれていることが一番うれしい。

田舎暮らし×在宅ワーク、超おすすめ。

「田舎に住んでる人」もしくは「これから田舎に住む人」にしかおすすめできない方法かもしれないけど・・・。

こんな働き方を、もっとたくさんの人に知って欲しい!

とくに、今の働き方に不満がある人には。

もし「やってみたいかもかも?」と思う人がいたら、まずは自分に向いている在宅ワークを探してみてください(*^-^*)

これを読んでいるあなたが、あなたなりの「自由でストレスフリーな働き方」が見つかりますように・・・

僕も、伊豆から応援しています!

ではでは

タイトルとURLをコピーしました