【田舎暮らし向き物件】4LDKが破格の580万円!?早い者勝ち!

詳しくはコチラ

【仕事に行きたくない時の対処法】要は発想の転換(≖ᴗ≖ )ニヤリ

仕事に行きたくない時の対処法 在宅ワーク・副業

会社に行きたくなすぎて、ベッドから出られない・・・。

頭では「会社に行かきゃ!」とぼんやり分かっているのに、身体が起きることを拒否している・・・。

だって、目を開けてしまえば現実になってしまうから・・・。

これは、4年前の僕のリアルな気持ちです。

ほぼ毎朝、こんな葛藤をしていました。

今あなたは、4年前の僕と似たような状況ですか??

もしそうなら、僕の話が少し参考になるかもしれません(´▽`)

結論から言っちゃうと、「働き方を変えたら、それなりに満足で今は幸せ♪」っていう普通の話なんですけどね・・・

当時の自分は、その普通のことが分からなくなってしまっていたので。

「働かずに儲かるビジネスがありまっせぇ」とかいう類の話ではなく、ちょっとした発想の転換で今はストレスなく働けているよ」というだけの話なんですけど、よかったら聞いてください(~ ̄▽ ̄)~

今のままでは危険だと察知!

そんな生活を繰り返していた4年前のある朝のことです。

足が動かない

東京の飯田橋駅で、僕の脚はピタッと動かなりました・・・

深層心理が、身体を動かすことを拒絶したのかもしれません!

金縛りのように、動けなくなってしまいました。

「今日は出勤できません」と、なんとか会社に連絡。

その後、一週間くらいは頑張って通勤したのですが、結局辞表を出すことになってしまいました。

これから、どうやって生きていこう・・・

漠然とした不安が広がります。

でも、少なくとも会社を辞められたのはよかったことなのだと感じました。

心が出している危険信号を察知できた訳ですから。

あのまま無理して働いていれば、きっと身体か精神のどちらかが壊れていたことでしょう。

もし、あなたもこんな状況なら、無理をせず早めに対処した方がいいと思います。

でも、働かないと生きられない。

とりあえず、3か月間の失業保険をもらえることになりました。

でも、その期間が終わってしまえば、また働かなければなりません。

貯金なし

ニート生活をするほどの貯金もありません

このまま何の対策もなく、再就職すれば、同じことの繰り返しになってしまう・・・どうしよう・・・

僕は、これからの生き方について根本から見直すことにしました。

働き方は会社員だけではない

弱発達障害の僕に普通のサラリーマンが務まらないことは、うすうす気づいていました。

決まった時間に出社して、8時間以上労働するのはキツイ・・・。

どうやって生きていこう

会社員以外の働き方は、ないだろうか?

起業する?

いやいや・・・そんな知識も、度胸も、資金もありません。

フリーターは?

いやいや・・・アルバイトだって定時に出勤しなければなりません。

それに、アルバイトを続けても、時給が数百円上がればいい方。これでは、将来が不安です(。_。)

そんな時、ちょうどコロナで「在宅ワーカーが増えている」というニュースを耳にしました。

何か僕にも出来る在宅ワークはあるだろうか・・・?

働くのは嫌だけど、働かなければ生きてはいけない・・・。

僕は、自分に合った働き方を見つけるために在宅ワークについて勉強を始めました。

怪しいビジネスにはご用心

「在宅ワーク」や「在宅副業」という言葉でググってみますが、怪しい情報もたくさん混ざってる感じがします。

youtubeの広告動画は、ほとんどと言っていいほど怪しいものばかりです。

怪しいビジネス

「楽して儲けられます」「ほったらかしでも勝手にお金が入ってきます」「誰でも簡単に稼げます」

う~ん・・・(#`-_ゝ-)

そんなうまい話を信じるほど、僕は馬鹿ではありません。

ちゃんと、誰かの役に立たなければ、お金はもらえないことくらい分かっています。

ちゃんと需要があって、しっかり労働して、ある程度勉強しなければできない仕事

そういう仕事でなければ、対価はもらえません。

世の中、甘くはないのです。

まともな在宅ワークとは?

投資系とか、転売系とか、そういうのは、いい在宅ワークとは思えませんでした

誰かの役に立つわけでもないし、リスキーだし、法律が厳しくなったら稼げなくなる可能性だってあります

色々勉強してみた結果、安定して、今後も需要があって、誰かの役に立つ在宅ワークは

  • デザイナー
  • プログラマー
  • ライター
  • 動画編集者
  • マーケター

主に、この5つだと分かりました。

どの仕事にするにしても、当然ですが、ある程度の勉強が必要になるはずです。

正直、面倒くさい・・・

でも、だからこそ勉強した人と勉強していない人との差が出来る訳です。

誰でもできることに、高額の報酬を支払ってくれる人などいません。

それに、またサラリーマン時代に戻るくらいなら、そのくらいの勉強は別に苦じゃありませんでした。

僕は、webデザイナーになるためにオンラインスクールに通うことにしました。

そして、必死に勉強しました!

オンラインスクール 勉強

贅沢しなければ、そこまで稼ぐ必要はない

僕の中で大きく生き方を変化させた部分は、働き方もう一つあります。

それは、田舎に移住したことです。

僕が今住んでいるのは、静岡県伊豆市の山奥です。

だって在宅ワーカーなら、ネット環境さえあれば、どこに住んでも仕事ができます

在宅ワーカーなら、ネット環境さえあれば、どこに住んでも仕事ができます

わざわざ家賃の高い都会に住む必要もないじゃないですか(´▽`)

人ごみの中にいるより、自然に中にいる方が落ち着きますしね♪

見栄を捨てる

収入面だけじゃなく、支出面にも注目してみると、かつての僕はずいぶんと余計な出費をしてきたように思います。

ちょっと見栄を張って8万円以上の家賃のアパートに住んでいました

馬鹿かと・・・。

冷静に考えてみると、おかしいですよね?

家賃に収入の3分の1も払うって。

逆に考えれば、家賃を払わなければ、3分の2の労働時間になる訳じゃないですか!

まぁ、さすがにタダで住めるところはないかもしれません。

でも住居費に高いお金を払うのも馬鹿らしいので、今は田舎で安い中古物件を買ってそこに住んでいます。

月々8万円以上するアパートに比べて10倍くらい安くなったのに、面積は5倍くらい広くなって、めっちゃ快適です(*^^)v

車も軽自動車で十分。

服にお金をかけるのもやめました。

半自給自足生活もあり!

今は在宅ワークでフリーランスになって、労働時間も僕が自由に決められます。

支出を減らせば減らすだけ、労働時間が減っていくので、1日4時間くらいしか働いていません

都会でもがき苦しんでいた頃と比べると、半分の労働時間になりました。

だいぶ楽です(*´▽`*)

で、今はさらに労働時間を減らすために、半自給自足を始めることにしました。

畑で野菜を育てたり、海に魚を釣りに行ったり。

お金は、必要な時に使うだけで、必要がなければ使わなくてもいいのです。

そもそも、そこまで必死にお金を貯める必要もありません。

自分で直接食べ物を調達できるのですから、わざわざお金を経由する必要がないのです♪

【まとめ】まずは、自分に合った働き方を見つけよう!

僕は今、4年前と比べて、信じられないほど幸せになりました(❁´◡`❁)

ストレスなく、世界はこんにもきらびやかなのかと、日々感動しています。

昔は、世界がモノクロに見えていたんだなぁ・・・と。

・・・あなたは、どんな生活をしたいですか?

質素だけどストレスのない生き方の方

僕の生き方が、正解という言うつもりはありません。

でも、少なくてとも「仕事に行きたくない!」と思って毎日を過ごすくらいなら、僕のように質素だけどストレスのない生き方の方が少しはマシじゃないでしょうか。

収入から支出を分配するのではありません。

それだと、いくらお金が溜まっても、自由な時間は増えません。

発想を転換してください( •̀ ω •́ )✧

最小限の支出から労働時間を算出するんです!!

何時から何時まで働くのかも、週何日働くのかもあなたの自由。

週5で8時間なんて、働く必要はないのです。

あなたも今日から、新しい働き方を探してみてください♪

もし在宅ワークに興味が少しでも湧いたら、コチラ↑の記事をぜひ読んでみてください。

在宅ワークの適性診断ができるようになっていて、勉強するのにおすすめのスクールも分かるようになっています。

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました