田舎暮らしに貯金はそこまで必要ない?【貯金の話~『資本主義の木陰でスローライフ』より】

田舎移住体験談

※この話は『資本主義の木陰でスローライフ』に収録されています。

貯金の話

「田舎でスローライフしている」なんて言うと、「自給自足して、仙人のような生活をしているの?」なんて聞かれることもある。けど、そんな訳ない。そんなストイックな暮らし方なんてとてもできない。

もし現代社会でそれをやろうとすれば、かえってスローなライフは送れない気がする。だから、文明に頼れるところは頼りたい。

お金を使って買い物をして、お金を使って電気代を払っている。

お金は手放せない。お金なしで、生きるなんて考えられない。

でも貯金はというと、それはあまり無くてもいいかなと思う。

もし何かあったらどうするの?心配じゃないの?

そんな意見もあるだろう。

うーん。・・・でも、何とかなるでしょ。

いざと言う時、自分や家族を守ってくれるものは貯金残高だけじゃない。

魚の釣り方を知っていること。

野菜の育て方を知っていること。

食べられる野草と食べられない野草を見分けられること。

会社に頼らず自分の力で多少のお金を稼げること。

貧しい時は、貧しいなりに楽しめること。

本当の資産は、お金なんかじゃない。

自分だけではどうすることも出来なくなっても、助けてくれる誰かがいる。

それも、立派な資産だと思う。

他の誰かが困っている時には知らんぷりで、自分が困っている時だけ「助けてくれ」っていうのは虫が良すぎるけど。

少しばかりの心遣いを持って生きていれば、いざと言う時ご飯くらいは恵んでくれる誰かがいるはずだ。

それすら叶わないとしても、日本で生きている限り生活保護だってある。

僕たちが納めた税金は、僕たちを守るためにある訳だし。

慎ましく生きるだけなら貯金なんてなくたって、そこまで心配する必要もないんじゃないかな。

とくに田舎で生きていると、お金より大事なものに沢山気付ける。

ヤリョによる解説

「全く貯金が必要ない」と、言いたいわけではない。

とくに、田舎暮らしをはじめたてはお金がかかることも多い。

でも、本当に困った時に助けてくれるのはお金じゃない。

無人島にお金を持っていっても意味がないように。

何でもお金に頼ろうとすると、田舎暮らしはつまらなくなる。

お金が無いならないなりに、工夫するのも田舎暮らしの楽しみ方だ。

そんな想いから、この話を書いた。

『資本主義の木陰でスローライフ』はAmazonで販売中

『主義の木陰でスローライフ』には、全14話が収録されています。

その他のヤリョの作品


失敗しないための
『田舎仕事』図鑑


田舎でノマド
好きな場所で1日4時間だけ働く


若いうちこそ田舎暮らし、
年を取ったら都会暮らし。

※書籍をクリックすると、
Amazonのサイトに移行します

コメント

タイトルとURLをコピーしました